東京理科大学周辺のひとり暮らし賃貸を探そう

東京理科大学ってどんな大学?

東京理科大学

「真の力を養う実力主義」を重視した研究志向の強い理工系総合大学

全学部で、堅固とした基礎知識の上に高度な専門能力を身に付けられるようカリキュラムを構成。全学的に研究志向が強く、大学院進学者が多いのが特徴です。

東京理科大学のキャンパス周辺のお部屋を探そう

学校の近くに住んで友達が集まるにぎやかな暮らしを楽しんだり、街の中心に出やすい場所を選んで学外での活動を充実させたり・・・
自分らしい住まいを借りて、キャンパスライフを思い切り楽しもう!

東京理科大学のキャンパス・学部

神楽坂キャンパス 神楽坂校舎
理学部第一部/工学部/理学部第二部
東京都新宿区神楽坂1-3
野田キャンパス
薬学部/理工学部
千葉県野田市山崎2641
長万部キャンパス
基礎工学部
北海道山越郡長万部町字富野102-1
葛飾キャンパス
理学部第一部/工学部/基礎工学部
東京都葛飾区新宿6-3-1
神楽坂キャンパス 富士見校舎
経営学部
東京都千代田区富士見1-11-2

東京理科大学ってどんなところ?

東京理科大学の特徴

「真の力を養う実力主義」。講義と演習、多くの実験により基礎学力を確実に身に付ける
http://shingakunet.com/school/9001296772/images/image_2491064.jpg
1881年の創立当時から「真に実力を身に付けた学生のみを卒業させる」という実力主義を貫いており、現在も指定科目の単位取得が進級の条件となる「関門制度」が受け継がれています。専門的な研究を行う上でしっかりとした基礎知識が必須であると考えており、学生を真剣に育てる制度です。講義と演習を組み合わせたカリキュラムにより、基礎学力の養成を徹底します。また、実験が多いことも特長で、講義と効果的に連動し、学びの質が高められるよう配慮しています。実験は基本的にグループで話し合いながら進めるため、他者の独創的な発想に出会えるほか、仲間意識が生まれ、厳しい学習環境下で励まし、相談し合える人間関係を築くことができます。
「高い就職率・進学率・研究力」で、科学技術の発展に貢献する
http://shingakunet.com/school/9001296772/images/image_2491065.jpg
実力主義の学風は社会より大きな信頼を得ており、毎年、高い就職率を誇っています。また、より高度な専門性と多様な視点からの発想力を養うために、毎年、多くの学生が大学院に進学。2018年3月卒業生(3,779名)の約半数(1,791名・47.4%)が大学院に進学しています。理科大は理工系総合大学ならではの幅広い研究室を備えており、学生一人ひとりの興味関心に応じた研究を行うことができます。近年、国の科学技術政策の一環として組織間の連携強化が叫ばれる中、他機関との共同研究などを推進すべく、東京大学と連携協定を結びました。今後は、国立の研究機関などとも連携を深め、産官学が一体となった教育研究環境を整えていきます。
「学部・学科を再編」し、教育研究環境をさらに拡充
http://shingakunet.com/school/9001296772/images/image_2491066.jpg
2021年4月に、基礎工学部を「先進工学部」、基礎工学研究科を「先進工学研究科」に名称変更予定です。併せて、基礎工学部による長万部キャンパス(北海道山越郡)の利用を停止し、葛飾キャンパス(東京都葛飾区)において4年間の一貫教育を行います。また、2022年4月には、工学部工業化学科および工学研究科工業化学専攻を神楽坂キャンパス(東京都新宿区)から葛飾キャンパス(東京都葛飾区)に移転します。2025年4月には、薬学部(薬学科および生命創薬科学科)および薬学研究科を野田キャンパス(千葉県野田市)から葛飾キャンパス(東京都葛飾区)に移転する予定です。※本計画は構想中であり、内容は変更となる可能性があります。

このページは、東京理科大学にこれから通う人、今通っている人がキャンパスライフを自分らしく楽しむための賃貸のお部屋探しを応援するページです。

↑ページの先頭へ戻る